食品の機能を討議する第5回JSoFF学術集会が、本日2日目を迎え、ワークショップ「調理や加工過程における機能成分の変化」が開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・研究会欄でアクセスできる。


第5回 JSoFF 学術集会のご案内
      (Japanese Society for Food Factors)

趣旨 本学術集会は、平成7年12月に浜松市で行われた第1回ICoFF(International Conference on Food Factors)を契機として発足した研究会で、食品因子とその機能に関する研究を進めている食品学、医学、薬学などの様々な分野の研究者が一堂に会して自由に討論し、互いの研究交流を深める場になっております。若い研究者の積極的な参加を期待しております。

大会日程  平成12年11月27日、11月28日

27日 受付 9:30から
 10:05 から 12:00 口頭発表 A
 13:00 から 15:00 ポスター発表
 15:00 から 17:00 シンポジウム
  「ゲノムテクノロジーの食品機能に及ぼすインパクト」
   ●「マイクロアレイ技術の紹介とその応用」梶江真一
         (アマシャム ファルマシア バイオテク)
   ●「抗がん研究の立場から」西野輔翼(京都府立医大)
   ●「抗動脈硬化の立場から」松本明世(国立健康・栄養研)

 17:15 から 懇親会

28日
  9:15 から 12:00 口頭発表 B
 13:00 から 13:45 総会
 13:45 から 14:45 口頭発表 C
 14:45 から 15:00 休憩
 15:00 から 16:40 ワークショップ
「調理や加工過程における機能性成分の変化」
  ●「加熱調理とワイン機能成分の挙動」鈴木由美子・佐藤充克
                    (メルシャン(株))
  ●「農産物収穫後の機能性成分の消長」永田忠博
                    (農水省畜産試験場)
  ●「野菜のラジカル捕捉活性-加熱調理の功罪」的場輝佳
                    (奈良女子大)

場所:日本教育会館9F(千代田区一ツ橋2-6-2 tel 3262-7661
   地下鉄半蔵門線、都営三田線・新宿線「神保町」A1
   出口から3分
参加費:一般:3000円、学生:1000円
   (懇親会費は各々5000円 2000円)
大会会長:三輪 操 (農林水産省食品総合研究所)
問い合わせ先:大会会長 三輪 操 mimiwa@nfri.affrc.go.jp
                 TEL&FAX 0298-38-8080
      JSoFF事務局 FAX 03-3511-0182 TEL 03-3511-0182


+機能性食品+