***** seminarML *****から情報転載

東京大学医科学研究所
   学友会セミナーのご案内

日時:11月13日(月)11:00-12:30

場所:東京大学医科学研究所&s_comma; 講堂

演者: Dr. Richard A. Flavell
Professor&s_comma; Yale University School of Medicine&s_comma;
Section of Immunobiology&s_comma; Connecticut&s_comma; USA

演題:The regulation of CD4 T cell differentiation

Flavell 博士はトランスジェニックマウス、ノックアウトマウスの手法をを用いて、
アポトーシス、糖尿病をはじめとする自己免疫疾患、ヘルパーT細胞サブセットについての免疫学上の命題を解決しようと試みられ、めざましい業績を挙げられてきました。今回は、中でもヘルパーT細胞サブセット(Th1/Th2)の分化について、急速に解析されつつあるシグナリング分子のJNK、MAPK&s_comma; 転写因子のJun&s_comma; GATA3等との関連を含め、新しい知見を御話しいただく予定です。また、時間が許せば、新しい自己免疫疾患モデルについても御話しいただく予定であり、基礎医学、臨床医学両分野の方々の参加を歓迎します。

#地下鉄南北線の開通により東大医科研は交通の便が格段に良くなりました。
南北線「白金台」の白金高輪よりの改札口をでられて地上に出ると右側に医科研の正門があります。皆さまのご来場をお待ちしております。


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト・フォーラム欄でアクセスできる。