8月23日、米国衛生研究所はヒト受精卵を利用して胎児性幹細胞の研究に対する資金提供を、凍結受精卵の細胞に限定してゴーサインを出した。これに関連するガイドラインや資料をまとめた、同研究所のNIH Stem Cell Informationのホームページを紹介する。今後、わが国でもヒトES細胞研究を解禁する動きが鮮明かするだろうが、その際に考慮する基本情報がここに集められている。細胞工学や再生医療に携わる研究者は必見のサイトだ。(宮田 満)


+オピニオン+細胞工学+