CBI学会は、7月26日-28日にCBIミレニアムシンポジウムを下記の要領で開催する。最新情報は「バイオ関係差H、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


*** CBIミレニアムシンポジウムのお知らせ ***

会 期: 2000年7月26日(水)から28日(金)
会 場: 日本薬学会 長井記念ホール、会議室
(東京都渋谷区渋谷2丁目12番15号 渋谷駅徒歩7分)
主 催: 情報計算化学生物学会(CBI学会)
共 催: 日本生物物理学会、日本化学会情報化学部会
協 賛: 日本化学プログラム交換機構、日本バイオインフォマティクス学会、化学ソフトウエア学会、理化学研究所ゲノム科学総合研究センター、(社)バイオインダストリー協会、科学技術振興事業団

プログラム

詳細および参加登録方法はホームページ(http://www.cbi.or.jp/)をご覧下さい。


大会第1日(7月26日、水曜日)「新しい技術の動向」

9:30 開会の挨拶:平山令明(東海大学)
9:40 レビュー講演:CBIにインパクトを与える新しい技術の動向
三木敬三郎(BIOS医科学研究所)
10:00 特別講演:わが国のゲノム戦略
大石道夫(かずさDNA研究所)
11:00 第1部:計算化学およびバイオ関連技術
   座長:平山令明(東海大学)、多田幸雄(大鵬薬品工業(株))
(株)菱化システム/ダイキン工業(株)
(株)理経
(株)トミー精工

12:00 休憩

13:30招待講演:細胞表層工学とコンビナトリアル・バイオエンジニアリング
植田充美(京都大学大学院工学研究科)

14:30 第2部:バイオ技術
   座長:三木敬三郎(BIOS医科学研究所)、松末朋和(持田製薬(株))
サイファージェン バイオシステムズ(株)
CuraGen Corp.(住友商事(株))
住商エレクトロニクス(株)

15:50 休憩

16:00 第3部 バイオインフォマテイクス、インターネット
   座長:河合隆利(エーザイ(株))、早川光春((株)アドイン研究所)
(株)帝人システムテクノロジー
CTCラボラトリーシステムズ(株)
InforMax Inc.

17:00 レビュー講演:ゲノム情報解析とバイオインフォマティクスをめぐる米、欧、日の研究動向
八尾 徹(理化学研究所、ゲノム科学総合研究センター)

17:50 閉会の挨拶:

18:00から19:30 歓談会:




大会第2日(7月27日木曜日)
第1部:大規模な分子計算とその応用

9:30 オープニング
中田吉郎(群馬大学)、古明地勇人(通産省産業技術融合領域研究所)

10:00 招待講演:大規模計算を可能にするab initio MO近似法
北浦和夫(大阪府立大学総合科学部)

11:00 招待講演:Data Intensive Supercomputing for Biological Sciences 
Lynn Ten Eyck(UCSD、University of California&s_comma; San Diego、SDSC、San Diego Super Computer Center)

12:10 休憩

第2部:分子生物学における情報計算技法
   座長:中井謙太(東京大学医科研)、中田琴子(国立医薬品食品衛生研究所)

13:30 招待講演:Genomics&s_comma; Bioinformatics and the Human Genome Sequence
Tim Hubbard (The Sanger Center)

14:30 招待講演:オーダーメイド医療のための細胞代謝シミュレーションへ向けて
冨田 勝(慶應義塾大学環境情報学部)

15:50 招待講演:Structure-Based Lead Discovery bridges the gap between Genes and Leads
-A Structural Bioinformatics Approach-
Kal Ramnarayan(Structural Bioinformatics Inc.)

16:50 招待講演:Genome Based Drug Discovery
Rubin Abagyan(NIFG、Novartis Institute for Functional Genomics)




大会第3日(7月28日金曜日)
第3部:ゲノム解析が変える生物医学

9:20 オープニング
磯野克己(神戸大学理学部)、三輪錠司(中部大学)

9:30 レビュー講演:ゲノム解析の進展とそのインパクト(仮)
磯野克巳(神戸大学理学部)

10:10 レビュー講演:マイクロアレーデータの解析技法
河合隆利(エーザイ(株))、内田和彦(筑波大)、一石英一郎(京都府立医科大)、
養王田正文(東京農工大学)、百瀬裕子(生命工学工業技術研究所)、高井貴子(国立医薬品食品研究所)

10:50 招待講演:ハエ研究の意義ーComparative Genomicsの幕開け
堀田凱樹(国立遺伝学研究所)

11:50 休憩

12:30-14:30 ポスター発表者の立会時間

第4部:21世紀のCBI
   座長:堀内 正(第一製薬(株))、平山令明(東海大学)

14:30 レビュー講演:QSAR,リガンドと受容体の相互作用
飯島 洋(キリンビール(株))、中野達也(国立医薬品食品衛生研究所)

15:10 レビュー講演:ゲノムからの医薬品開発 - 次の展開
石川智久(東京工業大学 大学院生命理工学研究科)

16:10 招待講演:バイオインフォマティックスの未来
金久 實(京都大学化学研究所)

17:10 閉会講演:CBIのグランドチャレンジ
神沼二眞(国立医薬品食品衛生研究所)

閉会

連絡先: CBI学会事務局
    〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301
Tel:03-5491-5423 Fax:03-5491-5462
E-mail:cbistaff@cbi.or.jp


+バイオインフォ+DNAチップ+先端ゲノム+