第15回バイオハイブリッド研究会、「21世紀のNEEDS and SEEDS 」が下記N要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


第15回バイオハイブリッド研究会
「21世紀のNEEDS and SEEDS 」
主催:桐蔭横浜大学
日時:2000年5月30日(火)10:00から18:00

会場:メルパルク横浜(郵便貯金会館)
〒231-0023 横浜市中区山下町16番地 TEL[045] 662-2221
JR京浜東北/根岸線・東急東横線桜木町駅下車、タクシー5分
JR根岸線石川町駅下車、徒歩12分

●プログラム









時刻  表 題演 者所 属座 長所 属
10:00開会の辞江崎信芳京大・化研
10:10ポルフィリン色素のハイブリッド化による機能発現:ポリエチレングリコールおよびスメクタイト伊藤徹二
稲田祐二
桐蔭横浜大・工江崎信芳京大・化研
10:50アフィニティービーズの構築とその応用半田 宏東工大・フロンティア広瀬茂久東工大・生命理工
11:40抗体-サイトカイン受容体のハイブリッド分子の構築とその応用長棟輝行東大・大学院片岡一則東大・大学院
13:30バイオマテリアルとDNAのハイブリッドが生み出す新しい世界落谷孝広国立がんセンター金田安史阪大・大学院
14:20細胞増殖因子を利用してどれだけ生体組織は再生できるのか?田畑泰彦京大・再生医科研橋田 充京大・薬
15:10リンパ球はどのようにして自分の行く先を見つけるのか?宮坂昌之阪大・医西村裕之桐蔭横浜大・工
16:00癌のミサイル療法のその後:高分子化薬剤と腫瘍血管のもたらすEPR効果が鍵前田 浩
沢 智裕
熊本大・医相澤益男東工大・生命理工
17:00ポスターセッション



研究会参加費
本研究会賛助会員2&s_comma;000円 協賛学会会員2&s_comma;000円 学生1&s_comma;000円 一般3&s_comma;000円(抄録代を含む)

懇親会
18:00から20:00 メルパルク横浜 懇親会費5&s_comma;000円

申込方法
郵便局の払込通知票の通信欄に(1)住所(2)氏名(3)所属(4)連絡先電話番号(5)懇親会参加の有無、をご記入の上、下記口座へお振込下さい。折り返し参加券をお送りいたします。抄録は当日お渡しいたします。
送金先 口座番号 00110-3-44179 口座名 バイオハイブリッド研究会
申込締切 2000年5月15日(月)

問い合わせ先
バイオハイブリッド研究会 事務局代表 稲田祐二
桐蔭横浜大学 人間科学工学センター
〒225-8502 横浜市青葉区鉄町1614
TEL 045-974-5060 FAX. 045-972-5972
E-mail E-mail

協賛学会・研究会
日本生化学会、日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会、高分子学会、繊維学会、日本生物工学会、日本バイオマテリアル学会、酵素工学研究会

世話人
江崎信芳(京大・化研)、相澤益男(東工大・生命理工)、片岡一則(東大・大学院)、金田安史(阪大・大学院)、西村裕之(桐蔭横浜大・工)、橋田充(京大・薬)、広瀬茂久(東工大・生命理工)、前田浩(熊大・医)