「遺伝子組換え作物に関する学際シンポ」が下記の要領で3月27日に開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・研究会欄でアクセスできる。


遺伝子組換え作物についての学際シンポジウム

国立環境研究所の玉置雅紀といいます。
3月27日に遺伝子組換え作物に関する学際シンポジウムを企画いたしました。
興味のあるかたの参加を受け付けていますので、以下を参考にしてお申し込みよろしくお願いいたし ます。

学際シンポジウム 「遺伝子組換え作物をめぐる諸問題と社会・政治・経済」

日時:3月27日(月)16:00-20:00
会場:名古屋市 愛知厚生年金会館(地下鉄池下駅下車)
主催:植物生理若手の会,育種若手の会,Complexity Science Community/(財)未来工学研究所,(有)DGC総研

【スケジュールおよびパネラー】
16:00-16:10 主催者あいさつ
16:10-16:20 GM作物に関するブリーフィング:立川雅司(農業総合研究所)
16:20-16:50 宮田満(日経BP社)
16:50-17:20 蔦谷栄一(農林中金総合研究所)
17:20-17:30 休 憩
17:30-18:00 白幡洋三郎(国際日本文化研究センター)
18:00-18:30 中澤港(東大大学院医学系研究科)
18:30-18:40 休 憩
18:40- パネルディスカッション

ホームページから参加登録と意見を述べられます。
http://mayumi.narc.affrc.go.jp/ikuwaka/gmsympo
をご覧ください。詳しい情報も、ホームページをご覧ください。


+組換え農産物+オピニオン+