ヒト・ゲノムのドラフト配列公開後の課 題は何か?2月初旬に米国フロリダ州で開 催されたG2K会議で、米国DoubleTwist社のBioinformatics部長兼Knowledge Engineering部長のYannik Pouliot氏は「生命科学に関する全ての情報に研究者がアクセスできるようにナビゲーションするシステムの開発が必要だ。インターネット技術は、ポスト・シーケンスの中核となる」と指摘した。同社は2月にインターネットを通じて、遺伝子データベースのアクセスサービスを始めたばかり。まさにこれからのeバイオ事業の萌芽を育てる意欲に燃えていた。出身は数学の国、フランスだ。(宮田 満)


米国現地報告


+バイオインフォ+G2K+