***** seminarMLから情報転載 *****

東大医・生化学分子生物学セミナー「細胞を使って脳の疾患を治療する」

・日時 平成12年3月2日(木)午後6時から7時
・場所 東大医学部1号館3階 細菌学セミナー室 (S311)
・演題「細胞を使って脳の疾患を治療する」ミクログリアの新規な性質と脳特異的遺伝子導入法
・発表者 澤田 誠 先生 藤田保健衛生大学総合医科学研究所難病治療共同研究部門 助教授

ミクログリアは、マクロファージ様の性質を持つ中枢神経系細胞で、脳損傷や神経疾患における神経変性や、記憶・学習などの高次脳機能発現に関わっています。
澤田先生は、ミクログリアを末梢血管に注入すると、脳に特異的に集積することを発見され、この性質を利用して遺伝子や薬物を非侵襲的に脳に導入するバイオターゲティングシステムを開発されました。今回は、このシステムによる脳疾患の治療の可能性を中心に、ご講演いただきます。

・連絡先 東京大学大学院医学系研究科 生化学・分子生物学講座(細胞情報)
平林哲也 thirabayashi-tky@umin.ac.jp TEL 03-5802-2925 FAX 03-3813-8732


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト・フォーラムでアクセスできる。