大阪大学大学院基礎工学研究科生物工学分野が、「皆のホームページ」を更新した。同研究室は視覚認識の脳内メカニズムを探求しているが、大阪大学大学院医学系研究科情報生理学講座との共同研究で開発した哺乳類網膜神経節細胞からインビボで電気活動記録および薬物投与を行う電極システムに関する下記の論文をこのほど発表した。
Takao&s_comma; M.&s_comma; Wang&s_comma; Y.&s_comma; Miyoshi&s_comma; T.&s_comma; Fujita&s_comma; I.&s_comma; Fukuda&s_comma; Y. A new intraretinal recording system
with multiple-barreled electrodes for pharmacological studies on cat retinal ganglion cells J.Neurosci. Methods. (in press)

 詳細は「バイオ関係者、皆のホームページ」医学薬学研究者欄でアクセスできる。