***** seminarMLから情報転載 *****


東京大学医科学研究所学友会セミナーをご案内申し上げます。

演者: Dr. Peter Kim&s_comma; Howard Hughes Medical Institute&s_comma; Whitehead Institute
for Biomedical Research&s_comma; Department of Biology&s_comma; Massachusetts Institute of
Technology&s_comma; USA.

演題: HIV entry and its inhibition

Kim博士は1970年代にStanford大学のBaldwin教授の下でタンパク質のフォールデイングについて二次元NMR等を用いた先駆的な研究を行った。その後、蛋白質の立体構造と生物活性 を結び付ける数々の興味深い研究を行っている構造生物学の世界的なリーダーの一人である。今回は医科歯科大学の井川教授の退官シンポジウムに来日したのを機会に、HIVを例に構造生物学の最近の動向について講演をお願いした。

参考文献
1. Cell 89&s_comma; 263-73&s_comma; 1997 Core structure of gp41 from the HIV envelope
glycoprotein. Chan DC&s_comma; Fass D&s_comma; Berger JM&s_comma; Kim PS
2. Cell 93&s_comma; 681-4&s_comma; 1998 HIV entry and its inhibition. Chan DC&s_comma; Kim PS
3. Cell 99&s_comma; 103-15&s_comma; 1999 Inhibiting HIV-1 entry: discovery of D-peptide
inhibitors that target the gp41 coiled-coil pocket. Eckert DM&s_comma; Malashkevich
VN&s_comma; Hong LH&s_comma; Carr PA&s_comma; Kim PS

日時: 3月8日(水) 午後3時ー4時30分

場所: 東京大学医科学研究所 アムジェンホール2階 大会議室

世話人:新井賢一
    山本雅

連絡先:渡辺すみ子(sumiko@ims.u-tokyo.ac.jp) 電話:03-5449-5660
(参加申し込みは不要です)


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト・フォーラム欄でアクセスできる。