第23回日本神経科学大会準備事務局は下記の要領で、ランチョン・テクニカルセミナーのスポンサー企業を募集している。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


第23回日本神経科学大会のランチョン・テクニカルセミナー御参加のおさそい

 私どもは、2000年9月4日(月)より6日(水)まで、横浜のパシフィコ横浜におきまして第23回日本神経科学大会を開催するべく、かねてより準備をすすめてまいりました。本大会は、著しく発展しつつある21世紀の科学の中心的課題である脳研究の研究成果を発表し、情報交換を行う年1回の学術集会です。脳研究は分子生物学、細胞生物学、解剖学、組織学、生化学、生理学、薬理学、精神医学、神経内科学、脳外科学、情報工学、心理学、農学など幅広い分野からなり、それ故、全体を包括し、俯瞰する学術集会が求められています。

したがいまして、参加者は全国より約3千人以上、演題発表数も約1千題がそれぞれ見込まれ、日本の脳神経研究における最大規模の学術集会となります。また今回は、第10回日本神経回路学会との合同大会となりますので、さらに広範囲の、ニューロ・ファジイ、信号処理、光・半導体・ニューロデバイス、情報表現連想メモリ等の諸分野から工学系の研究者が参加いたします。

 さて、この度は、貴社にランチョン・テクニカルセミナーへのご参加をお願いしたく、ここに御連絡させて頂きます。本ランチョン・テクニカルセミナーは、各企業が開発・発売している研究機器・試薬を用いた実験の実際や、現場の研究者や臨床に役に立つ最新の情報を提供していただくことを目的として、ランチタイムに開催いたします。この種のセミナーはこれまでの神経科学大会でも大変好評を博しましたことから、今大会でも是非開催したいと考え、この度、この企画への参加者(団体)を募集することにいたしました。ただ、その際、以下のような条件をお含みおきいただきたく、お願い申し上げます。

1.日程は、9月4、5、6日で、時間は、正午より、60-90分とします。
2.単なる商品の紹介ではなく、製品の適用にもとづいたデータなども発表して下さい。
3.発表者は貴社所属の方のみならず他の研究機関或いは大学の研究者も含めて下さい。
4.開催費用は、50から100万円(会場の広さ150から300人に応じて)とさせて頂きます。
5.時間が昼食時ですので、軽食と飲み物(インターコンチネンタルホテルの弁当;1000から1500円のものを交渉中)を提供して下さい。

 ご企画案は、2000年3月15日までにいただきたく存じます。それまでの間に、どんなことでもご相談にのりますので、私どもの方にご連絡頂ければ幸いです。


第23回日本神経科学大会会長
貴邑 冨久子
(生理学教授)
第23回日本神経科学大会ホームページ:http://neurosci.med.yokohama-cu.ac.jp


連絡先:
舩橋利也
〒236-0004
横浜市金沢区福浦3-9
横浜市大医学部第二生理学講座
TEL:045-787-2579
FAX:045-787-2580
e-mail: toshiya@med.yokohama-cu.ac.jp