米国バイオ業界団体である米国Biotechnology Industry Organizaion(BIO)(Washington D.C.)は12月1日、電子商取引を利用した中古バイオ関連機器の交換事業に関して、米国BioBid.com社(カリホルニア州Menlo Park)と独占的なパートナー契約を結んだと発表した。

 BioBid.com社は電子商取引を行う環境を提供することで、中古バイオ関連機器を販売したい会社と購入を望む会社にオークションの機会を与える。ウェブ・サイトはhttp://www.biobid.comだ。

 BIOでNational Group Purchasing Services部門の責任者を務めるKaye Kirk氏は「過去数年間にBIOに求められたサービスの中で、最も頻度が高かったものの1つが、機器の交換に関する依頼だった。BioBid社との提携は、中古機器の取引をより容易にし、その効率を高めて、BIO会員の要求に対処する優れた機会を提供するだろう」と語った。

 BioBid社の社長兼経営最高責任者Bill Garner氏は「われわれの中古バイオ機器電子商取引システムは、BIOのメンバー・サービスの中にうまく取り込まれるだろう。BIO会員は、わが社のオンライン中古機器価格決定用資料であるBioBid Blue Bookを利用する権利も得る」と述べた。

 BioBid社の取引管理責任者Ken Snoke氏は「わが社は、中古機器の購入及び売却の両方を通して固定資産を管理するための理想的な方法を企業に提供する」と説明した。(フリーライター・大西淳子)
<hr>
+バイオインフォ+バイオ市場+