京都大学化学研究所の坊農氏が、生物分子工学研究所(BERI)で11月5日に行ったセミナー「His-Asp リン酸リレー型シグナル伝達系のゲノム比較解析」のスライドを公開した。参考になります。同氏は第22回日本分子生物学会のワークショップでの発表の叩き台とすることを希望している。詳細は「バイオ関係者、皆のホームページ」情報学研究者欄でアクセスできる。


+バイオインフォ+