99年6月に創設されたベンチャー企業、エンバイオテック・ラボラトリーズが、Biotechnology Japanのベンチャー・バレーに参加した。同社が商品化を目指す、環境ホルモンのモノクローン抗体など、新たなバイオ技術の応用分野である環境バイオの情報を発信している。詳細とリンクはここでアクセスできる。