大阪大学大学院医学系研究科COEグループ公開シンポジウムが、下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


第3回大阪大学大学院医学系研究科COEグループ公開シンポジウム
「細胞の増殖・分化・死のシグナル伝達機構」

日時/平成12年1月17日(月) 午後1時から1月18日(火)午後5時30分
会場/千里ライフサイエンスセンターライフホール
最寄駅・地下鉄千里中央駅前北出口すぐ(御堂筋線→北大阪急行)
入場無料:奮って御参加ください

★1月17日(月)
13:00-13:10
挨 拶 岸本忠三(大阪大学総長)
13:10-13:50
祖父江憲治「細胞形質転換(分化・脱分化)におけるシグナル伝達と遺伝子発現制御」
13:50-14:30 高井義美「細胞の運動と接着の新しい制御機構」
14:30-15:10 倉智嘉久「カリウムチャネルの局在と細胞機能」
15:10-15:30 休憩

「特別講演1」
15:30-16:30 廣川信隆(東京大学大学院医学系研究科教授)
「細胞・生命のかなめ、分子モーター構造、動態そして機能」

「特別講演2」
16:30-17:30 竹市雅俊(京都大学大学院生命科学科教授) 「細胞接着の制御と組織構築」

★1月18日(火)
9:30-10:10
宮坂昌之「免疫細胞の動態を規定する分子機構はどこまで明らかになったか?」
10:10-10:50 中村敏一「HGFの分子医学:再生因子から治癒因子へ」
10:50-11:10 休憩
11:10-11:50 平野俊夫「サイトカインシグナルの分子機構」

「特別講演3」
11:50-12:50
谷口維紹(東京大学大学院医学系研究科教授「インターフェロン系からみた免疫制御の分子機構」

14:10-14:50 長田重一「アポトーシスの分子機構」
14:50-15:30 辻本賀英「細胞の生死決定の分子メカニズム」
15:30-15:50 休憩
15:50-16:30 米田悦啓「核ー細胞質間機能分子輸送機構」

「特別講演4」
16:30-17:30
花房秀三郎((財)大阪バイオサイエンス研究所)「ドメイン構造と蛋白質の生物学的活性」