大阪大学蛋白質研究所化学構造部門の松浦研究室が「皆のHP」の情報を更新した。今回の目玉は同研究室が先ほどの生化学会で発表した内容を掲示したこと。研究テーマはニホンナシにおける配偶体型自家不和合性だ。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」植物学研究者欄でアクセスできる。