京都大学化学研究所の坊農氏が、9月下旬に米国Arizonaで開催されたThe Microarray Meeting -Technology&s_comma; Application & Analysis(Mountain Shadows Marriot Resort&s_comma;
Scottsdale&s_comma; Arizona&s_comma; Sep 22-25&s_comma; 1999)で行った HREF=http://bono.kuicr.kyoto-u.ac.jp/research/1999/microarray/>発表を公開した。

 遺伝子の機能を推定する最新のバイオインフォマティックスに関する解説だ。参考になります。坊農氏の頁は「バイオ関係者、皆のホームページ」情報学研究者欄でアクセスできる。


+バイオインフォ+