第3回国際会議「栄養とエイジングから長寿を目指す食生活から」が9月21日(火)と22日(水)の2日間、昭和女子大学グリーンホール(東京世田谷・三軒茶屋)で開催される。

 健康と栄養について幅広い分野で活躍する、国内外の研究者が集まります。基調講演とセッションのタイトルは下記の通り。

 基調講演
「超高齢社会と科学技術の役割」(岩手県立大学学長の西沢潤一氏)
「健康長寿および健康老死達成の基本的考え方」(しずおか健康長寿財団理事長の星猛氏)

 セッション
1:加齢と生体諸機能
2:食パターンの変換とエイジング
3:食生活、運動と生活習慣病
4:ヘルスクレームに対する各国の対応

問い合わせ:日本国際生命科学協会(03-3318-9663)