コレステロール降下剤が心疾患リスクを減少させる消炎効果をもつという可能性を、米国Harvard Medical Schoolの研究グループが示した。

 詳細は医療関係者情報サイトで。