サイトカイン・ネオプテリン研究会が下記の要領で開催される。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


第6回サイトカイン・ネオプテリン研究会

と き 平成11年7月24日(土)10:00から17:00

ところ 東京理科大学記念講堂
    JR総武線飯田橋駅下徒歩3分

主 催 サイトカイン・ネオプテリン研究会

第6回サイトカイン・ネオプテリン研究会

 日 時: 平成11年7月24日(土)10:00から18:00
 会 場: 東京理科大学記念講堂
  
 
プログラム
 
 <午前の部>

    (10:00から10:10)
   世話人挨拶
      (東海大医・生理)中澤博江
(10:10から10:20)
   会長挨拶
      (東医大・八王子医療セ)若杉和倫

   講 演 (座長:帝京科学大・理工:長谷川宏幸)
    (10:20から11:20)
    1. 著明な日内変動を呈する遺伝性進行性ジストニー
      - 優性遺伝をとるGCH-I gene の障害とその臨床 -
      (瀬川小児神経クリニック)瀬川昌也
     (11:20から11:40)
    2. 敗血症性ショックとバイオプテリン
      (東海大医・生理)星合清隆、福山直人、中澤博江
      (東海大医・内科)但木 太
      (東レ医療システム研)増子早苗
      (明海大歯・生化)中西信夫
(11:40から13:00)
   昼 食   
   世話人会

 -1-

 <午後の部>

  講 演(座長:東海大医・生理:中澤博江)
   (13:00から14:00)
    3. 活性酸素と生命の潮流
(大阪市立大医・生化) 井上正康
    (14:00から14:20)
4.
インスリンはマウス脳微小管内皮細胞のテトラヒドロビオプテリン合成を促進する
  
(昭和薬大・病態生理)永井 努、石井正和、清水俊一、木内祐二、山元俊憲
    (14:20から14:40)
    5. テトラヒドロビオプテリンの NO 誘発アポトーシスへの影響
  (東京理大・生命研)飯塚博之、相楽弘文、小島周二
  (14:40から15:00)
   休 憩

講 演(座長:日大医・解剖:相澤 信)
    (15:00から15:20)
6.
急性肝障害モデルとしての肝動脈塞栓術後のサイトカイン、マトリックス関連分子
     の変動
      (鳥取医短大、同第二内)山田貞子、周防武昭、満田朱理、川崎寛中
(15:20から15:40)
7. 精液中のビオプテリン濃度
     (大阪市総医セ)澤田好伴、藤田敬之助、村田良輔
     (大阪市大医・小児)新宅治夫、浅田 稔
    (15:40から16:00)
8. テトラヒドロビオプテリンによるモノアミン放出
      - その特異性について-
     (帝京科学大・理工)長谷川宏幸
    (16:00から16:20)
    9. ネオプテリン研究の最近の動向
     (東医大・八王子医療セ)若杉和倫
    (16:30から18:00)
懇親会