京都大学ウイルス研究所構造形成学分野が「皆のホームページ」で情報発信を開始した。同研究室はmRNAから翻訳されたポリペプチド鎖がどの様にして膜に組み込まれて膜蛋白となったり、膜を横切って分泌蛋白・オルガネラ蛋白となるのかという問題を追求している。ポスト・ゲノムの最重要課題の一つである蛋白立体構造の形成機構や細胞内での局在や輸送などの情報が満載だ。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」微生物学研究者欄でアクセスできる。