神経組織培養研究会が下記の要領で、第11回研究会を開催する。最新情報とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


速報!!
第11回神経組織培養研究会を下記の要領で開催します。今回のミニシンポジウムのテーマは中枢神経細胞のprimary cultureです。一般演題も募集中です。皆様のご参加をお待ちいたしております。

************************************************************
会期:平成11年9月11日(土)午後1時ー午後5時
会場:東京医科歯科大学・医科新棟5階・第2症例検討室
   (文京区湯島1-5-45)
会費:2,000円(学生1,000円)
************************************************************

1.ミニ・シンポジウム

今回は,ニューロンの初代培養法とその応用について以下のように企画しました(各30分)。

・中脳ドパミンニューロンの培養:
   竹島多賀夫(鳥取大学医学部脳神経内科)
・海馬,中隔野ニューロンの培養:
   柏谷義宏(鳥取大学医学部脳神経内科)
・運動ニューロンの培養:
   荒川義弘(東京大学医学部付属病院分院薬剤部)
・小脳顆粒細胞の培養:
   永田 功(東京都神経科学総合研究所神経細胞生物学)


2.一般演題募集の御案内

これまでの30分talkと同様の形式で神経組織培養に限らず、広く神経科学全般における実験的研究を対象とします。発表時間は1題20から30分を予定しています。このほか、従来のJournal Club、 Current Progressのような15分talkも歓迎します。すぐあとに神経化学会などが控えていますが、発表しようか迷われている方も、まず、事務局に御一報下さい。皆様のご協力を期待しています。

************************************************************
代表世話人:
  桶田理喜(東京医科歯科大学難治疾患研究所神経病理)

当番世話人:
  道川 誠(国立長寿医療研究センター痴呆疾患研究部)
  水澤英洋(東京医科歯科大学医学部神経内科)