名古屋大学大学院生命農学研究科応用遺伝生理学講座が、情報発信を開始した。高等動物の恒常性調節機構が主要テーマ。鳥類の性決定、分化、産卵及び浸透圧調節に関する分子内分泌学的研究と哺乳類、鳥類の行動に関する生理学的研究を行っている研究室だ。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」動物学研究者欄でアクセスできる。