京都大学化学研究所生体分子情報研究部門IIIの坊農さんが、Bioinformaticsに関して先月行ったセミナーの内容を掲載した。極めて要領良く、現状と今後の課題を纏めている。必見の情報です。詳細は「バイオ関係者、皆のホームページ」情報学研究者欄でアクセスできる。同氏のHPのプレゼンテーションに注目。