***** seminarMLから情報転載 *****東京大学薬学部公開セミナーのお知らせ
聴講は自由ですので、皆様のご参加をお待ちしています。

日時:7月6日(火) 午前10:30 - 12:00
場所:東京大学薬学部 記念講堂(3階)

演者:Dr. Manuel Perucho (La Jolla ancer Res. Center)
演題: The microsatellite mutator pathway for gastrointestinal cancer

 Manuel Perucho博士は、がん細胞に遺伝子変異を高める遺伝子異常が存在し、これが多くのがんの発生に深くかかわっていることを発見し、DNAミスマッチ修復異常という概念を提唱しました。その後、高発がん家系における原因遺伝子が、大腸菌のミスマッチリペア遺伝子(群)のヒトホモローグだという発見につながりました。

 本講演では、胃がんや腸がんにおけるミスマッチ修復異常とがん発症のメカニズムについてお話していただきます。

(Referrence)

Ionov Y et al.
Ubiquitous somatic mutations in simple repeated sequences reveal a new mechanism for colonic carcinogenesis. Nature 1993 Jun 10;363(6429):558-61.

Shibata D et al.
Genomic instability in repeated sequences is an early somatic event in colorectal tumorigenesis that persists after transformation. Nat Genet 1994 Mar;6(3):273-81.

Perucho M
Microsatellite instability: the mutator that mutates the other mutator.Nat Med 1996 Jun;2(6):630-1

Malkhosyan S et al.
Frameshift mutator mutations. Nature 1996 Aug 8;382(6591):499-500 .

Rampino N et al.
Somatic frameshift mutations in the BAX gene in colon cancers of the microsatellite mutator phenotype. Science 1997 Feb 14;275(5302):967-9

連絡先:下記にお願いします。
*******************************************
@佐々木宣哉 SASAKI Nobuya&s_comma; D.V.M.&s_comma; Ph.D.
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院薬学系研究科遺伝学教室助手
TEL: 03-5841-4858
FAX: 03-5841-4778
E-mail address: sasaki@mol.f.u-tokyo.ac.jp


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト欄でアクセスできる。