理化学研究所では本年度より生体を力学的にシミュレーションする「生体力学シミュレーション研究プロジェクト」を開始いたします。

 プロジェクト開始に伴い、医学、工学、生物学の幅広い分野の先生方をお招きして、講演していただきます。

 皆様奮ってご参加ください。


開催日時 : 1999年7月1日(木曜日) 10時00分から17時00分
          1999年7月2日(金曜日) 10時00分から17時00分
場所   : 理化学研究所 和光本所内 鈴木梅太郎記念ホール
主催   : 理化学研究所(素形材工学研究室・計算科学技術推進室・情報環境室工学基盤研究部)
参加費 : シンポジウム;無料(含テキスト) 懇親会;3000円

「シンポジウム概要」

  理化学研究所では今年度から5年計画で新しく「生体力学シミュレーション研究プロジェ クト」を開始する。本シンポジウムは、プロジェクトの開始にあたり、理化学研究所内 外の関連分野の方々に集まっていただき、討論を通じて新しい研究分野を開拓するため の道筋を探ることを意図している。

 生体力学シミュレーション研究が目指すのは、生体の構造と機能について、厳密な力学モデルをつくりあげ、それから得られる複雑で大規模な方程式を高速度で解き、その結果を見たり、感じたりすることが可能な統合システムを開発することである。このシステムにより、疾病や障害の過程を目に見える形で捕らえ、高度な診断のための基礎を提供したり、新しい治療手段の開発あるいはその適用の可否の事前の判断などを、患者に負担をかけることなく計算機上で実行することができるようになることが期待される。

 また、生体の複雑な運動動作のシミュレーションを行うことにより、スポーツ工学やリ ハビリテーションのための新しい手法を提供することも可能となろう。
本研究で開発しようとしている生体力学シミュレーションシステムの重要な点は、一般的な人体の器官や組織を対象にするだけでなく、個人個人の器官や組織の形態・機能をモデリングすることに重点を置いていることで、この目的のために、ディジタイジング手法や3次元形状モデリング手法の開発、生体組織の力学データ取得手法の確立なども大切な課題となっている。

多くの方々の参加を期待いたします。

詳細なプログラム等はhttp://www.riken.go.jp/KOHO/SYMPO/990701-2.htmlをご覧ください。

問い合わせ先(内容):理化学研究所 情報環境室(姫野)
Tel 048-467-9321
Fax 048-462-4634
E-mail himeno@postman.riken.go.jp

参加申し込み:氏名、所属、電話番号、参加人数、懇親会出席人数、”seminar MLを見て
”とご明記の上、上記FaxまたはE-mailにてお申し込み下さい。


横田秀夫
理化学研究所素形材工学研究室
TEL:048-467-9315 FAX:048-462-4657
yokota@hawkeye.riken.go.jp