第32回若手ペプチド夏の勉強会が下記の要領で開催される。最新ニュースとリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


第32回『若手ペプチド夏の勉強会』

 若手ペプチド夏の勉強会は、ペプチド科学およびその周辺領域に関連する研究を行っている大学院生や大学、国公立研究所、企業等の研究者を対象に、互いの研究について自由な討論および活発な意見交換を行い、参加者相互の親ぼくを図るために毎年夏に開催されております。

 本年はコンビナトリアルケミストリー、脳神経関連を中心に特別講演として下記の講師の方々をお招きし、東北大学セミナーセンターにて開催を予定しております。この他にも一般講演、ポスター討論を予定しております。

日時:平成11年7月21日(水)夕方集合から7月24日(土)朝解散
場所:東北大学川渡共同セミナーセンター(宮城県玉造郡鳴子町大口字原75)
会費:14&s_comma;000円(参加費、宿泊費(3泊)、食費込み)

本会の趣旨:
・若手研究者の相互の親睦をはかる。
・学会等で話すことの出来ない実験上の苦心、疑問等について細部にわたり具体的に自由に話し合う。
・本会に於いてなされた諸討論の結果およびアイデアのプライオリティーを尊重する。
・本会の結果は記録として残さず、外部に公表しないことを建前とする。
・会の運営に関しては各組織の代表者から構成される若手勉強会幹事会に一任する。

特別講演(予定)
北本哲之先生(東北大院医)(プリオン関連:タイトル未定)
水野健作先生(東北大院理)「神経ペプチド研究から細胞生物学へ」
深瀬浩一先生(阪大院理)「コンビケムの糖鎖化学への展開」
軒原清史先生(島津総合科学研究所)「分子認識研究ベンチャー企業の設立とコンビケム事業」
川内浩司先生(北里大水産)「研究の醍醐味・人との出会い(下垂体ホルモン研究を通して)」

 まだ、参加登録に余裕がありますので、参加を希望される方は6月28日(月)までに下記世話人までご連絡下さい。

連絡先:東北大学大学院農学研究科資源生物科学専攻
    生物資源化学講座植物資源化学分野 小川智久
    〒981-8555仙台市青葉区堤通雨宮町1-1
    TEL: 022-717-8808&s_comma; FAX: 022-717-8807
    E-mail: ogawa@biochem.tohoku.ac.jp