米国Johns Hopkins大学と米国国立衛生研究所の研究チームは、多発性硬化症やギランバレー症候群などで見られる神経の損壊における神経繊維のガングリオシドとミエリン鞘のmyelin-associated糖蛋白(MAG)の結合の重要性を発表した。

 詳細は医療関係者専用ニュースで。


+糖鎖工学+