99年6月1日に創立されたばかりの、バイオ・ベンチャー企業、エフェクター細胞研究所がBiotechnology Japanのベンチャー企業サイトで情報発信を開始した。

 東京大学医科学研究所を定年名誉教授となった金ヶ?士朗氏が発見した新しい好酸球走化因子『エカレクチン』の研究を基に、気管支喘息やアトピー性皮膚炎のような遅延型アレルギーが関与する疾患を根本的に治療するための薬剤の開発を目指すベンチャー企業だ。

 詳細とリンクは「バイオ研究者、皆のホームぺージ」ベンチャー企業サイトでアクセスできる。

 現在、同社は研究所を設置するスペースや貸実験室を探している。