BACT研究会が下記の要領で開催される。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄2頁目でアクセスできる。


第11回BACTシンポジウム

日時:平成11年9月4日(土)13:00
場所:愛知県がんセンター国際医学交流センター
テーマ:新規治療 遺伝子治療・細胞治療の現状

演者
角田卓也先生(和歌山県立医科大学第二外科)
癌ワクチン療法により腫瘍特異的CTLは誘導できるか?
ーCEA特異的癌ワクチン療法の解析からー

珠玖洋先生(三重大学医学部第二内科)
腫瘍抗原ペプチドの同定から癌の免疫的治療の臨床へ
ーHER2をモデルとしてー

水野正明先生(名古屋大学大学院医学研究科細胞情報医学専攻)
悪性脳腫瘍に対する遺伝子治療の現状

田原秀晃先生(University of Pittsburgh)
樹状細胞を用いた癌免疫遺伝子治療

赤塚美樹先生(Fred hutchinson Cancer Research
Center)
輸注T細胞の体内動態の追跡および免疫活性のin vitro評価法

研究会に関して御不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。なお、ホームページを開設しておりますので研究会の詳しい情報等はそちらで見ていただくことができます。
皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。