多くの不妊男性では、嚢胞性線維症膜コンダクタンス制御因子(CFTR)の遺伝子に変異があり、この遺伝子の欠損は、嚢胞性線維症に対するルーチンスクリーニングでは検出されないことが、カナダToronto大学外科準教授のKeith Jarvi氏の研究グループが示した。

 詳細は医療関係者専用ニュースで。