米国North Carolina大学のChristopher E.Walsh氏らは、マウスを用いた研究により血友病A患者で特異的に欠乏する第VIII因子遺伝子の導入に成功、第VIII因子の長期間に渡る増加を確認した。

 この続きは医療関係者専用ニュースサイトで。