第7回コンフォーカル488サマーシンポジウムが下記の要領で開催される。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


過去6回にわたり共焦点レーザー顕微鏡に関する議論の場を提供してきました「コンフォーカル488シンポジウム」を、今夏は「赤城青年の家」のフランクでフレンドリーな雰囲気のもとに「第7回コンフォーカル488サマーシンポジウム」として開催いたします。多数の方にご参加いただき、烈しくも実のある議論ができることを期待いたします。学会員でなくてもどなたでも参加できます。

期日 平成11年7月19日(月)、20日(火)

開催地 国立赤城青年の家(群馬県勢多郡富士見村)
参加費 3&s_comma;240円

招待講演 「臓器細胞生物学:細胞をありのまま見る技術とその応用」 藤崎久雄(科学技術振興事業団さきがけ研究21)

「リアルタイム2光子顕微鏡の開発と応用、FRETの原理と応用など」 寺川 進(浜松医大・光量子医学研究センター)

「生きた臓器から分子まで:開口放出を中心に生物活動を見る新しい顕微鏡法」 佐藤洋一(岩手医大・解剖)

「組織標本における細胞内情報伝達系の可視化:リアルタイム共焦点顕微鏡によるカルシウムイメージング」 他数名(交渉中)

その他、ワークショップ・セミナー・一般講演

問い合わせ・申込み
詳細はホームページをご覧いただくか、事務局までお問い合わせください。ホームページではオンライン申込みもできます。