文部省科学研究費特定領域(A)転写調節機構公開シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。

]
文部省科学研究費特定領域(A)転写調節機構公開シンポジウム

[主催] 「転写調節機構」総括班 東北大学大学院理学研究科 藤井義明 
[日時] 平成11年6月1日
[場所]  東京大学本郷キャンパス山上会議所大会議室
    10:00ー17:30

[テーマ] 細胞内シグナル伝達と転写調節

[プログラム] 
午前の部(司会石井俊輔)
10:00-10:05 はじめに. (理研筑波)石井俊輔
10:05-10:30 1. 薬剤による転写制御機構の解析
(東工大生命理工)半田宏
10:30-10:55 2. レチノイン酸シグナルの発信と受容機構
(京都大ウイルス研)梅園和彦
10:55-11:15   休憩
11:15-11:40 3. 生殖腺・副腎皮質の分化を支える核内レセプター
(基生研)諸橋憲一郎
11:40-12:05 4. 核内レセプター転写共役因子の機能
(東大分生研)加藤茂明
12:05-12:30 5. 脱皮ホルモンにより誘導される転写因子
FTZ-F1の転写活性化機構
        (国立遺伝研)上田均

12:30-13:50  昼食

特別講演(司会半田宏)
13:50-14:40 6.真核細胞における転写活性化機構
(NICHD&s_comma; NIH)中谷喜洋

午後の部(司会藤井義明)
14:40-15:05 7. 細胞死のシグナル伝達と転写
(大阪バイオ研)垣塚彰
15:05-15:35 休憩
15:35-16:00 8. p300/CBPコアクチベーター機能と分化制御
(理研筑波)横山和尚

16:00-16:25 9. 組織特異的ノックアウトによるSTAT3の機能解析
(阪大微研)審良静男
16:25-16:55 10.サイトカインによる造血細胞の発生、増殖、分化の制御
(東大分生研)宮島篤
16:55 -17:25 11.TGF-βのシグナル分子Smadによる転写調節
(癌研)宮園浩平
17:25-17:30 おわりに. (東北大理)藤井義明

18:00 懇親会(会費制)
[問い合わせ]  〒113ー0032東京都文京区弥生1ー1ー1
東京大学分子細胞生物学研究所 加藤茂明(総括班集会幹事)
Tel. 03-5841-8478 Fax. 03-5841-8477
E-mail : uskato@hongo.ecc.u-tokyo.ac.jp
[参加費] 無料(懇親会は会費制)
[参加申込] 懇親会含め自由参加