第41回日本老年医学会若手企画シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報と抄録、リンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスdきる。


第41回日本老年医学会若手企画シンポジウム

 老年医学リサーチの新展開
 - 糖尿病による多様な血管障害の分子機序 -


 日本老年医学会/国立京都国際会館(宝ヶ池)
 6月17日(木曜日)

 午後4時30分から7時 シンポジウム
       
 老年医学リサーチの新展開
 - 糖尿病による多様な血管障害の分子機序
  
 1.代謝異常と大血管病変            4:30-4:55 (20+5)
   - 酸化LDLと粥状動脈硬化
   久米典昭 (京都大学・成人老年病病態学)
 ・追加発言                   4:55-5:10 (10+5)
   Streptozotocin 誘発糖尿病ラットにおける血漿・
   赤血球膜内α-Tocopherol動態の変容
   篠崎一志 (東京医科大学老年科)
 2.増殖因子を介するメカニズム          5:10-5:35 (20+5)
   - 動脈硬化病変部での平滑筋細胞自己増殖誘導
   東山繁樹 (大阪大学大学院医学研究科・生体制御医学・生化学)
 3.糖尿病腎症における細動脈レベルでの異常    5:35-6:00 (20+5)

日本老年医学会、糖尿病、血管病変
   - 糸球体硬化におけるAGEとその抑制 
   牧田善二 (北海道大学医学部第二内科)
 4.網膜症の細血管レベルでの異常        6:00-6:25 (20+5)
   - 糖尿病網膜症と血管内皮増殖因子(VEGF)
   高木 均 (京都大学大学院医学研究科視覚病態学)
 5.分子機序の探究 - 転写因子を考える      6:25-7:00 (30+5)
   佐藤靖史 (東北大・加齢医学研究所)