生化学若い研究者の会関東支部が下記の要領で、春の学校を開催する。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会補助金欄でアクセスできる。


関東支部春の学校

 この度、生化学若い研究者の会関東支部主催春の学校を開催いたしますのでご案内させていただきます。皆様振るってご参加下さい。

タイトル:生化学若い研究者の会 春の学校「生体のダイナミズム」
主催:生化学若い研究者の会 関東支部
後援:日本生化学会関東支部
日時:5月22日(土)23日(日)から一泊二日になります
場所:大学セミナーハウス(八王子)
参加費:学生9000円、社会人10000円(宿泊、食事など含む)
参加受付の締切 5月14日(金) 規模は50人程度の予定。

演者(敬称略):

廣川  信隆 (東京大学大学院医学系研究科分子細胞生物学教授) 
 演題「新しい微小管モーター分子群KIFsと細胞内物質輸送の分子機構」

石井 直方 (東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系教授)
 演題「身体運動刺激に対する生体応答のダイナミズム」

藤正 巌 (政策研究大学院大学教授)
「生体機能の機械的設計」
-化学機械はどのようにしてハードマシンになったか-

豊島 陽子(東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系助教授)
 演題「微小管モータータンパク質分子の運動」

参加申し込み方法について:
1.名前(よみがなも)、2.所属、3.住所、4.電話、5.E-mail、6.自分の行っている研究テーマ(あればお書き下さい)を記入の上、メールをhref=mailto:takayama@mcb.bt.a.u-tokyo.ac.jp>takayama@mcb.bt.a.u-tokyo.ac.jp
にまで送り、また郵便局の口座10130-36638941
に参加費をお支払い下さい。必ず両方の手続きをお済ませ下さい。

もし電子メールが使えないようでしたら、郵送で上記の事柄を書いて、以下の住所まで郵送でお送り下さい。
〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1
東京大学農学生命科学研究科応用生命工学専攻分子育種学研究室 
高山 敏充

 分からないことなどありましたら、上記のアドレスへのメール、住所への手紙やはがき、あるいは以下の電話でお問い合わせ下さい。
03-3812-2111 (内線3079、ただし火から金曜11時から17時)
なるべくメールでの問い合わせにしていただけるようお願いいたします。

詳細はhref=http://www.seikawakate.com/kanto/spring99.html>こちらをご参照ください。
申し込みフォームもあります。