CBI研究会が下記の要領でセミナーを開催する。最先端のバイオの一端に触れる注目の講演だ。最新情報とリンクは「バイオ研究者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


*** 第179回 CBI研究講演会のお知らせ ***


「細胞内分子相互作用記述システム」


各種のゲノム解析計画の急展開で、その成果をどう生かすかが現実的な問題として浮上してきている。医薬品開発の立場からは、各種の遺伝子の発現と生成されたタンパク質の働きの解明であり、DNAチップやプロテオームへの関心が高まっているが、こうした実験的手法と対を成すのが、生体反応の基礎となる細胞内の生体分子の相互作用であり、欧米の製薬企業では、その整備は焦眉の急と考えられている。

今回は、代謝、信号伝達、転写などに関する相互作用の記述法について、最新の状況を紹介する。

(各講師が開発されているデータベ-スは全てWWWを介して公開されています。各サイトのURLを付記しましたので、講演前にご参照頂けましたら幸いです。)

日時: 1999年4月16日(金)13:15-17:35
場所:
 科学技術振興事業団東京本部(サイエンスプラザ) 地下1階ホール(営団地下鉄有楽町線「麹町駅」下車、徒歩約5分、またはJR「市ヶ谷駅」徒歩約10分)
東京都千代田区四番町5-3(地図はhttp://www.jst.go.jp/Intro/ichigaya.html
を参照)
世話人: 神沼二眞、高井貴子(国立医薬品食品衛生研究所)

演題:
1.13:15-14:15
KEGG virtual cells for analysis of biochemical pathways
金久 實(京都大学化学研究所)

http://www.genome.ad.jp/kegg/

2.14:15-15:15
Signaling pathways finding system for estimating biological effects in human cells

高井貴子(国立医薬品食品研究所)

http://geo.nihs.go.jp/csndb.html

3.15:35-16:35
Methods for Predicting Targets of Transcription Factors

皿井明倫(理化学研究所)
http://www.rtc.riken.go.jp/

4.16:35-17:35
Control of Genomic Information: Bridging Sequence Data and Medical Phenomena

Edgar Wingender(GBF(ドイツ国立バイオテクノロジー研究所))
http://transfac.gbf-braunschweig.de/


講演会参加資格:
CBI研究会個人会員、法人会員の方、非営利研究機関研究者の方はどなたでも参加できます。
法人会員以外の法人からの参加希望者は一人3000円の参加費が必要です。事前に必ず事務局に連絡して御参加ください。

連絡先: CBI研究会事務局
    〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301
Tel:03-5491-5423 Fax:03-5491-5462  E-mail:cbistaff@cbi.or.jp