***** seminarMLから情報転載生化学・分子生物学大学院セミナーのお知らせ
日時:平成11年4月1日(木)16:00から
場所:東京大学医学部1号館講堂
演者:Dr. Takashi Toda(Laboratory of Cell Regulation&s_comma; Imperial Cancer Research Fund)
演題:選択的蛋白質分解と細胞周期制御

 ユビキチンープロテオゾーム系によるサイクリンタンパクの周期的分解は、細胞周期が正常に進行するのに必要であることは以前から知られていた。この系による蛋白分解の律速段階は、ユビキチンの付加過程である。最近、この系によって分解されている細胞周期制御因子(CKI等)のユビキチン化を制御する特異因子が数種類発見され、これらの特異因子が細胞周期進行及び分化開始の制御に深く係わっていることが判明した。

 現在、英国ICRF細胞制御研究室主任である登田博士は、これらの特異因子をいち早く発見し、細胞周期制御機構の解明に新しい展開を切り開いた第一人者の一人です。医学会総会シンポジウムでの講演のために一時帰国中です。多くの来聴を歓迎します。

世話人:岡山博人
医学系研究科
生化学・分子生物学講座
(内線3439)


seminarMlに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」医学薬学研究者欄の横溝氏のページでアクセスできる。