遺伝子治療に強みを持つオランダIntroGene社が、得意のベクター技術を生かして、遺伝子の機能解析へ進出した。

 日経バイオテク誌3月15日号バイオ・インテリジェンス2頁から、IntroGene社の企業戦略について掲載した。

 IntroGene社は、遺伝子の機能解析技術を事業の1つの柱とすべく、遺伝子の機能解析を行う専門部署の新設や、ベルギーTibotec社と共同出資で、アデノウイルスを利用した遺伝子の機能解析を行うベンチャー企業、ベルギーGalapagos社を設立した。99年末までに初のアデノウイルス利用ライブラリーが完成予定だ。

  バイオ・インテリジェンスは、紙のみでの提供となります。日経バイオテク・オンラインではご覧いただけません。日経バイオテクのお申し込みはこちら