植物の情報企業、ニムラ・プラント・ラボが下記の要領で、有用植物栽培試験プロジェクトの利用者を募集している。最新情報とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」の植物学研究者欄でアクセスできる。


有用植物栽培試験プロジェクト利用者募集!


研究材料としてのマレーシア有用植物供給を目指して!
========================
 弊社はマレーシアの国立研究機関マレーシアゴム研究所と共同で薬用植物を中心とした有用植物の栽培試験プロジェクトをスタートいたしました。
========================
 自生地の開発による減少、乱獲などで貴重な植物資源は日々減少しています。資源としての活用を図るためにも栽培化の研究は非常に重要であると考えられます。当然のことながら利用価値が既知の植物を除いて栽培研究は行われておりません。

 一方、資源国サイドでは自国の資源の流出に歯止めをかけるべく規制強化をすすめており、資源の利用国にとっては今後かなり厳しい状況が予想されます。 
========================
 本プロジェクトは研究材料の安定供給と自然保護、そして将来の大量商業栽培にそなえての栽培データ収集を主目的として、副次的には収穫物の販売益を運営費にあてることを想定して企画されております。基礎研究向けの地味なプロジェクトではありますが長期的には非常に意味のあるプロジェクトだと自負しております。
======ニムラ・プラント・ラボについて======
 弊社は東南アジアの植物情報専門会社です。薬用植物を中心にいわゆる有用植物についての植物学、生化学、薬学などの分野の研究情報を顧客の要望に応じて収集するのが主な業務です。上記の有用植物栽培試験プロジェクトのほかにもいくつか進行中のプロジェクトがありますので弊社の臨時ホームページをご参照ください。
========================