JT生命誌研究館の99年春-秋の展示が決まった。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」その他のホームページ欄でアクセスできる。


          JT生命誌研究館 
      1999年 春からの新展示のお知らせ

 1999年4月6日(火)から2000年9月30日(土)

   「生命の樹ーー科学と布の芸術に現れた生命観」展

 古来人々は、生命を樹木に託して描いてきました。

 各時代、各地で人々の生命観の現れとして描かれた樹は、「生命の樹」と呼ばれます。
かつて「生命の樹」の多くは、タペストリーや絨毯として、また着物として、布に描かれました。

 生物学でも、生き物を樹のイメージと重ねて表現することがあります。例えば、系統樹です。科学が進歩し、生物や生命に対する認識は変化してきましたが、樹として描くという点は共通しています。科学が描く「生命の樹」です。

 この展示では、素朴な生命力の象徴として、各時代、各地で描かれた「生命の樹」から、最新の「生命の樹」である分子系統樹までを追い、そこから、人々が、生きものや生命をどう捉えてきたかを探ります。

「生命の樹」の描かれた実物の布や、パネルを一枚一枚鑑賞しながら、そこに現れた生命を感じて下さい。

【場所】JT生命誌研究館2Fギャラリー、1Fホール