京都大学化学研究所生体分子情報研究部門III 坊農秀雅氏らは、遺伝子配列の相同性と遺伝子発現パターンの相同性を組み合わせて、遺伝子の機能を推定するプログラムを開発した。DNAマイクロアレーによる多数の遺伝子発現の観測データを処理するための格好のプログラムとなりそうだ。

 まだdraftの段階で研究成果を発表しており、今後、続々と情報更新される見込みだ。詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」情報学研究者欄で。(宮田 満)


+バイオインフォマティックス+