ヒト・ゲノム遺伝子、特に疾患関連遺伝子の最先端研究を集めたシンポジウムが、本日東京で下記の要領で開催される。


未来開拓学術研究推進事業ゲノム国際シンポジウム      ヒトゲノム解析のフロンティア
新たに発見された疾患原因遺伝子を中心にして
The Frontiers of Human Genome Analysis : Newly discovered disease genes


オーガナイザー: 松原謙一(国際高等研究所)・清水信義(慶應義塾大学)
     主催: 日本学術振興会「ヒトゲノム」研究推進委員会

日時:1999年2月12日(金) 午前10時-午後6時
会場:慶應義塾大学北新館ホール: 東京都港区三田2-15-45
TEL 03-3453-4511 内線2437(入場無料)


プログラム
午前(10:00-12:40)
開会の辞    松原謙一(国際高等研究所)

未来開拓ヒトゲノム・プロジェクトリーダーの講演
Cloning of human disease genes by Keio strategy
        蓑島伸生(慶應義塾大学医学部)
Genes regulated by p53 or NSAID         中村祐輔(東京大学医科学研究所)
Neurodegenerative diseases caused by CAG trinucleotide repeat expansions
        辻 省次(新潟大学脳研究所)
Classification of genes by detailed expression patterns
        大久保公策(大阪大学細胞工学セ)

午後(13:30-18:00)
基調講演
Prospects of human genome project
        R.S. Kucherlapati (Albert Einstein College)


未来開拓ヒトゲノム研究協力者と外国人ゲストの講演
Parkinson&s_quote;&s_quote;s disease
         O. Riess (Ruhr University)
         浅川修一(慶應義塾大学医学部)
         服部信孝(順天堂大学医学部)
Autoimmune disease
         P. Peterson (Univ. of Tampere)
         工藤 純(慶應義塾大学医学部)
Glaucoma
         M. Sarfarazi (Univ. of Connecticut)
真島行彦(慶應義塾大学医学部)
野田節子 (東海大学健康科学部)

閉会の辞
         清水信義(慶應義塾大学医学部)

連絡先:針谷晴美 慶應義塾大学医学部分子生物学教室  東京都新宿区信濃町35
TEL:03-3353-1211(内2721)/FAX:03-3351-2370
E-mail: mirai99@dmb.med.keio.ac.jp