第8回内毒素・LPS研究会が下記の要領で、6月26日の東京の北里研究所で開催される。最新情報とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・研究会欄でアクセスできる。


第8回 内毒素・LPS研究会

日時:平成11年6月26日(土)午後1時から4時50分
   (5時より懇親会)
場所:北里研究所 本館2階大会議室
   (東京都港区白金5-9-1)
   JR渋谷駅、恵比寿駅、田町駅より都バス(田87系統)
   「北里研究所前」下車
   又は営団地下鉄日比谷線、広尾駅下車 徒歩10分
参加費:1&s_comma;000円、懇親会費:2&s_comma;000円

問い合わせ先:
高田春比古(担当世話人):東北大学歯学部口腔細菌学講座
Tel: 022-717-8305 Fax: 022-717-8309
E-mail: dent-ht@mail.cc.tohoku.ac.jp
川原 一芳(会場世話人):北里研究所基礎研・細菌研究室
Tel&Fax: 03-5791-6127
E-mail: kawahara-k@kitasato.or.jp


            プログラム

1. 13:00-13:30 座長:中島靖之(家畜衛生試・毒性病理)
「シバヤギの視床下部神経活動におよぼすエンドトキシン投与の影響」
竹内ゆかり(東大院農・獣医動物行動)

2. 13:30-14:00 座長:松浦基博(自治医大・微生物)
「ホスホリパーゼA2とその受容体のエンドトキシンショック病態形成への関与」
花崎浩二(塩野義・創薬研・生体防御)

3. 14:00-14:40 座長:高田春比古(東北大・歯・口腔細菌)
「エンドトキシン不応答性ノックアウトマウスの作製と解析」
審良静男(兵庫医大・生化学)

(休憩) 14:40-15:10

4. 15:10-15:40 座長:川原一芳(北里研・基礎研・細菌)
「単球による循環性エンドトキシンの排除機構の解明:敗血症時に減少したmembrane CD14の役割を代償するsoluble CD14の意義」
比企直樹(東大医系院・臓器病態外科・内分泌外科)

5. 15:40-16:10 座長:熊沢義雄(北里大・理・生体防御)
「血中エンドトキシンの動態と生体応答」
蓮沼良一、森田廣幸*、田中重則*、熊沢義雄(北里大・理・生体防御、*生化学工業)

6. 16:10-16:40 座長:稲田捷也(岩手医大・細菌)
「リピドA誘導体の抗癌作用」
松本範人(小野薬品・福井安全性研)

懇親会(職員食堂)17:00-18:30