***** seminarML *****から情報転載

京大学医科学研究所
学友会セミナーのお知らせ

日時 平成10年12月21日(火)15:00から16:00
場所 東京大学医科学研究所一号館会議室(正門から真っ直ぐ時計台のある建物の2階)

演者  Dr. Hiroshi Nakai
Associate Professor
Department of Biochemistry and Molecular Biology
Georgetown University Medical Center

演題  Bachteriophage Mu Transposition:
    Mechanisms that Promote Transition From
    Recombination To Replication

   DNAの組み換えと複製は相互に依存しながら制御されていることがあきらかになりつつあります。Nakai博士は最近Muファージの複製機構の研究から、組み換え中間体からDNA複製が開始される分子機構を明らかにしました。分子生物学会のシンポジウムに招へいされたこの機会に組み換え依存性のDNA複製の分子機構について話していただきます。

世話人   正井久雄、小林一三


日時 平成10年12月21日(月)16:00から17:00
場所 東京大学医科学研究所一号館会議室

演者  Dr. Akiko Kumagai
Senior Research Associate
Division of Biology
California Institute of Technology

演題  Checkpoint controls in Xenopus Egg extracts

   Kumagai博士はWilliam Dunphy博士とともにアフリカツメガエルの卵抽出液を用いてcdc2キナーゼの活性制御機構について研究しておられます。cdc25がフォスファスターゼ活性を持つという発見はことに著名です。ここ数年は未複製DNAあるいは損傷を受けたDNAによるチェックポイントコントロール制御機構について詳細な解析をされています。分子生物学会のシンポジウムに招へいされたこの機会に最新の成果について話していただきます。

世話人   正井久雄、仙波憲太郎

連絡先

東京都港区白金台4ー6ー1
東京大学医科学研究所
分子細胞制御研究部
(最寄り駅はJR目黒駅あるいは、地下鉄日比谷線広尾駅)
正井久雄
電話:03-5449-5661
FAX:03-5449-5424


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」医学医薬研究者欄の横溝氏のページでアクセスできる。