生物時計の分子機構シンポジウムが、下記の要領で開催される。最新情報とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・研究会欄でアクセスできる。


生物時計の分子機構シンポジウム


 生命が自転する地球環境に適応するため開発した生物時計の分子機構は様々なモデル生物(ショウジョウバエ、アカパンカビ、ゼノパス、マウス、シアノバクテリア、アラビドプシス)で急速に解明されつつあります。

 日米の最前線の生物時計研究者が集まる機会を利用し、研究の現状を、生物時計の研究者のみでなく、広く生命科学に興味のある方にお伝えするため、下記の公開シンポジウムを企画しました。奮って御参加ください。

公開シンポジウム 
生物時計の分子機構
Symposium on Molecular Basis for the Biological Clock
      1998年12月4日(金)10時-17時
  ルブラ王山(名古屋市千種区・地下鉄東山線池下下車徒歩5分)

プログラム
10:05 Introduction G. Block (University of Virginia)
10:20 Analysis of clock gene&s_comma; wc-1&s_comma; in Neurospora
H. Nakashima (岡山大学)
11:00 Xenopus transgenics shed light on the retinal circadian clock
C. Green (University of Virginia)
11:40 Lunch
13:00 Molecular anatomy of the Drosophila clock
M. Young (Rockfellor University)
13:40 Clock genes in the mouse suprachiasmatic nucleus
H. Okamura (神戸大学)
14:20 Circadian rhythm in the rat suprachiasmatic nucleus; roles of BMAL1 and
Clock in the rhtyhm generation S. Honma  (北海道大学)
15:00 Coffee Break
15:20 Circadian clock gene cluster kaiABC in cyanobacteria
M. Ishiura  (名古屋大学)
16:00 Molecular genetics of circadian clocks in plants and animals
S. Kay (Scrips Institute)
16:40 From Molecules Through Cells and Tissues to Physiology and Behavior:Toward a Complete Explanation of Circadian Organization
M. Menaker (University of Virginia)

オーガナイザー: 近藤孝男&s_comma; 海老原史樹文 and G. Block
後援: NSF Center for Biological Timing 、日本時間生物学会

入場無料、講演は英語で行います。特に前もって申し込みは必要ありません。

連絡先:名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻 近藤孝男
tel 052-789-2498 Fax: 052-789-2963: email kondo@bio.nagoya-u.ac.jp
詳しくは、http://www.bio.nagoya-u.ac.jp:8001/~b1home/news.html参照。