***** seminaML *****から情報転載

 脳と意識に関するTokyo 99国際会議が下記の要領で開催される。


■Toward a Science of Consciousness - Fundamental Approaches - Tokyo &s_quote;99
(脳と意識に関するTokyo &s_quote;99国際会議)

主催 Tokyo &s_quote;99組織委員会、国連大学高等研究所、アリゾナ大学意識科学センター、ラッドフォード大学脳情報科学研究センター、スコヴデ大学意識科学センター、
ノートルダム清心女子大学情報理学研究所

日時 1999年 5 月 25 日(火)から 28 日(金)
   10:00 から 17:00

場所 国連大学本部(東京都渋谷区神宮前 5 丁目)

内容 脳組織の如何なる機能並びに素過程から意識が生じるか、認知科学、哲学、情報科学、物理学、生命科学などの観点による最新の研究成果をまとめる。特別講演と一般講演、ならびにポスター発表の予定は次のとおり。
 25 日 哲学、倫理学からのアプローチ
 26 日 心理学、認知科学からのアプローチ
 27 日 物理学、情報科学からのアプローチ
 28 日 生物学、生命科学からのアプローチ
○講演予定者:武田 暁(東北学院大)、佐藤文隆(京大)、松本 元(理研)、B. Baars(Wright 研究所)、D. Chalmers(California大Santa Cruz校)、
S. Greenfield(Oxford大)、G. Globus(California大Irvine校)、S. Hameroff(Arizona大)、A. Hobson(Harvard大)、P. Hut(Princeton高等研究所)、M. Lockwood(Oxford大)、K. Pribram(Radford大)、P. Pylkkanen(Skovde大)、W. Seager(Toronto大)、
J. Tuszynski(Alberta大)、G. Vitiello(Salerno大)、P. Werbos(National Science Foundation)他

定員 300 名(先着順)

参加費 25&s_comma;000 円(1999 年 2 月 2 日までの早期申込の場合)30&s_comma;000 円(1999 年2 月 3 日以降の申込の場合)10&s_comma;000 円(学生・院生)

連絡先 700-8516 岡山市伊福町 2-16-9 ノートルダム清心女子大学 情報理学研究
所内 Tokyo &s_quote;99 組織委員会事務局 電話 086-255-5636 Fax 086-255-5090 
電子メール tokyo99@zoushoku.narc.affrc.go.jp