東京大学医科学研究所が下記の要領で学友会セミナーを開催する。


 東京大学医科学研究所学友会セミナーのお知らせ 

日時: 平成10年11月10日(火)14:00から15:00

場所:  東京大学医科学研究所 クレストホール会議室

講師  Dr. Benedicte Michel
Directeur de recherche du CNRS Institut National de la Researche Agronomique&s_comma;Jouy en Josas&s_comma; France

演題 Role of homologous recombination during chromosome replication in E.coli.

(大腸菌染色体の複製過程において相同組換えの果たす役割について)

Michel博士は、Dusko Ehrlichの共同研究者として、細菌のゲノムダイナミクス(複製、相同組み換え、非相同組換え、変異生成)の研究を続けてきました。最近では、大腸菌染色体の複製フォークの進行が破綻したときに、染色体切断ができ、それに相同組み換えが働いて修復するという過程について、研究を進めています。

大腸菌ゲノムについてのシンポジウム
http://bsw3.aist-nara.ac.jp/symposium/E.coli/98/eco_symp.htmlに参加の機会に、お話を伺います。
  
平成10年 10月 28日     

世話人  小林一三  正井久雄
                     
小林 一三
東京大学医科学研究所
生物物理化学研究部
〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1
? 03-5449-5326
FAX: 03-5449-5422
E-mail: ikobaya@ims.u-tokyo.ac.jp