キリンビール研究開発本部応用開発センターの食品の新機能性素材開発プロジェクト・リーダーに、98年10月、白須由治氏が着任した。

 白須氏は、キリンビバレッジ開発研究所飲料開発担当の所長代理をつとめ、酵素を用いてコーヒー飲料の品質を高める技術の実用化などを進めた(関連記事)。