第8回染色体コロキウムが下記の要領で開催される。最新情報とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。



 第8回染色体コロキウム「染色体研究---構造解析と機能研究の新たな融合をめざして」が1998年11月6-7日(6日午後1時から7日の午前中一杯を予定しています)につくば市観音台の農林交流センターと茎崎町のレイクサイド茎崎で行われます。


第8回染色体コロキウム
「染色体研究---構造解析と機能研究の新たな融合をめざして」

 詳細な案内は↓このURLに記載されています。
target=new>http://www.affrc.go.jp:8001/chrcol/cc8.html

つくば市観音台・農林交流センター(http://ss.cc.affrc.go.jp/tbh/tbh-info.html)、
茎崎町・レイクサイド茎崎(http://www.nenkin.co.jp/kuni/japan/nkantou/hotel5b/kuk
izaki.htm)

日時;1998年11月6-7日(6日午後1時から7日の午前中一杯を予定しています)

演者(予定講演順);
藤山秋佐夫(国立遺伝学研究所)「染色体ソーティングに基づくヒトゲノム構造解析」
堀越正美(東京大学分子細胞生物学研究所)「染色体からの転写調節機構論」
角谷徹仁(農業生物資源研究所)「アラビドプシスのDNA低メチル化突然変異」
谷洋一(ダコジャパン)「Development of a signal amplification method for in
situ
hybridization: Comparison with PCR in situ amplification」
野々村賢一(国立遺伝学研究所)「イネの動原体領域の構造解析」
木島暁子(新潟大学)
山本真紀(関西女子短期大学)「ムギ類における分子細胞遺伝学最近の進歩」

例年の通り6日夜に2時間ほどのセッションを設ける予定です。発表者を募集いたし
ております。

参加者の受け付けはwebで行います。〆切は10/23の予定です。
target=new>http://www.affrc.go.jp:8001/chrcol/cc8-regist.html

参加費:1万3千円(宿泊・夕食・朝食代込み)。

宿泊ならびに出席者の確認のため事前の申し込みが必要です。

[問合先]305-8602 農業生物資源研究所 中山繁樹 
第8回染色体コロキウム事務局
(電話及びファクシミリでの連絡はご遠慮下さい。)
事務局E-mail: chrcol@affrc.go.jp